AO.の音楽と楽器とたくさんの物欲。

神がかった物欲衝動と趣味のまま長年継続している音楽活動、音楽スタジオに関する気ままなブログ。音楽中心かもしれないし、突き動かす物欲衝動で様々なものをレビューとかしてみようと思います。

気になる!キラキラシンバル paiste PST7!

気になるシリーズです!

前回は気になるギター・エフェクターとして、BOSS 技craft シリーズを紹介しました。


気になる!ギターエフェクター BOSS WAZA Craft BluesDriver! - AO.の音楽と楽器とたくさんの物欲。

今回はドラムの機材になります。こちらも新商品、もう販売になってるかな?!新商品のシンバル紹介です。
前回と同じく完全主観です!

PAISTEとは

パイステはスイスのシンバルメーカー。(スイスです!made in Switzerland!なんかいいでしょ!?)zildjianやsabianと並ぶ大手シンバルメーカーです。詳しくはwikiってください。

パイステ - Wikipedia

実際の流通量はやはり、Z,S社の方が多いですかね。ただ、Z社やS社と違うところがかなりあり、特色のあるメーカーです。Z,Sと比べると、高級メーカーというイメージが強いかもしれません。実際私はそうです。

ラインナップ

Z,S社等は基本的に、大枠のラインナップの切り分け方は下記になります。

区分 高い 安い
製法 ハンドハンマー(Kzil,Kcus,HH,HHX) マシンハンマー(Azil,Acus,AA,AAX)
素材 B20系(A,Z,AA,HH) B8系(ZBT,B8)イワユル安い系

なんです。あまり良くないリーズナブルなスタジオとかに行くとZ,S社のB8系シンバルだったりします。(好みなのでいい悪いではないです)なかなかスタジオでもハンドハンマー系のシンバルをおいているところは少ないです。(だって高いもんね。)

ただ、paisteはこの公式は当てはまりません。
paisteは原則 B8系素材が使用されています。ここから全く違うわけですね。【全く】違うんですよ。全く!単純値段比較等はあまり通用しません。paisteはそのシリーズごとの音の特色を耳にして好みかどうか、という話になってきます。

私はまずその選定方法に惹かれます。

paisteがその名を世に轟かしたシリーズはいくつかあります。

  • FORMULA 602 series 

jazz系などにも好まれるいわゆる名器と言われたシリーズ、ずっと廃盤となっていましたが近年復刻しています。ぜひ叩いてみたいです。ちなみにAO.staPPでは70'当時物の602 rideがありますよ!
機材紹介をyoutube動画より!(ドラム編その2) - AO.の音楽と楽器とたくさんの物欲。

  • GIANT BEAT series

いわずとしれたボーナム氏で有名なシンバルです。ボーナム伝説です。これも、数年前に復刻された伝説のシンバルとでもいいましょうか。


そして。

  • 2002 series (通称マルニ)

paisteとはなんたるか、paisteってこれ!っていうイメージを強烈に世界にたたきつけたシリーズです。ジェフ・ポーカロも愛用のこのシリーズ、叩いたことのない方はぜひ一度叩いてください。絶対にどのシンバルとも違う音がします。他社のシンバルでこのサウンドは体験できません。

The Rosanna Half Time Shuffle by Jeff Porcaro - YouTube
伝説のドラマー、ジェフ・ポーカロの、ザ・ポーカロ、ハーフタイムシャッフルです。

PAiSTE チャイナシンバル 20インチ 2002 Novo China 20

PAiSTE チャイナシンバル 20インチ 2002 Novo China 20"

その他にも、rude,sound criation,signature 等、名作は数々。


ここで言いたいことは2つです。

paisteは他のどのシンバルメーカとも違う!貫いている!

2002は長いシンバルの歴史に一石を投じた唯一無二のシンバルである!

困ってること。。。

簡単なんです。冒頭にも記載しましたが、

paisteのシンバル高いよ~

なんです。

Paiste – モリダイラ楽器

高いです。はい。値段が高いということは、ある意味では何にも勝るウィークポイントなんです。

あと、そんなに気にしていませんが、キャストシンバルではなくてシートシンバルなんで、弱いシンバルなんですね。割れやすいとか。でも原則、シンバルなんて、普通に叩いておけばなかなか割れないと思っています。僕のクラッシュも10年は割れてません。だからあんまり気にしません。

paiste PST7


何の話でしたっけ・・・?あそうそう、この記事は「気になる!」シリーズでしたね。これまで、

paisteすげー
2002はすげー
paisteたけー

と言ってきました。今回のこのPST7はこれを解決するかもしれません。


PAISTE PST7 SERIES - DEMO VIDEO! - YouTube

正直この商品の発売を知った時はびっくりしました!そして、デモムービーを見た時に再度驚くわけです。

見た目2002やん!このブリリアントではないキラキラ感。

マルニやん!!!

サウンドも2002やん!!マルニやん!!

です。youtubeを見る限りでは。

PSTシリーズなんで当然廉価版として発売されているはずです。安くてこのサウンドが手に入るのなら、これはありですよ。好みですが、決してロック以外には使えないというわけでもないですから。

PST7

間違いなく「気になる!」いりしました。ACTに是非試奏に行かねばなりませんな!

最後に気になる余談。

giant beat のボーナム、2002のポーカロ。もし貴方がpaisteユーザになった場合。


あなたは伝説になるかもしれん。


北摂箕面 music studio | aostapp 大人の音楽人へ 極上の演奏空間を。箕面でプライベートスタジオをレンタルしよう!