AO.の音楽と楽器とたくさんの物欲。

神がかった物欲衝動と趣味のまま長年継続している音楽活動、音楽スタジオに関する気ままなブログ。音楽中心かもしれないし、突き動かす物欲衝動で様々なものをレビューとかしてみようと思います。

windows --> mac.

MacBook Airにしてみました。

音楽関係の方ではmacの利用者とても多いんですけどね。仕事柄会社はどうしてもwindowsになることが多くて、家がmacじゃ不便やなぁと思ってたのでなかなかmacには変えられずにいました。

また、ことiphone ipadが普及しだした程度の頃にはmacは異質とすら感じていて、変わり者のほか何者でもない、そんな思い込みの人間がAO.でした。

windowsから離れるべき理由

もちろん

mac最近なんかかっこいいやん!

は大前提ですけどね。ですがそれ以上に、それ以上に理由があります。

windows8以降の変化

進化はしてるとは思うんですけどね。結構windows8.1っていいやんって話も聞くんですけどね。
慣れたUIから大きく変わっちゃって、使いやすいから、慣れてるからwindowsではもはやなくなった感じです。

スマホiphone

先般の記事でも書きましたがandroid -> iphoneに変えたんですよ。

iphone6を購入。これを機にスマホ遍歴。 - AO.の音楽と楽器とたくさんの物欲。
androidの時はどうでもよかったんですけど、iphoneとなればちょっと話は別で、
apple製品のパフォーマンスを発揮したいならmacの方がいいかなと。囲い込まれるのは嫌なんやけどねー。

各種サービスのクラウド

goole,yahoo,microsoft,dropbox,line,,,,
パソコンがwindowsでそのOS上でしか動かさないといけないような代物が劇的に減ってきました。
企業などを中心に根強くmicrosoft office製品が健在ですが、googleが提供するアプリケーションは代替以上の利便性を提供しています。
アプリケーションはブラウザ上で動くようになり、OSへの依存性はなくなりつつあります。
windowsでもmacでも同じようにこれまで通り作業ができるわけです。慣れなどの垣根がなくなりつつあります。

ハードウェアの信頼性

macに比べてwindowsのパソコンて
-よくできてるパソコンは日本製で結構高い。
-dell,hpなどの巨大メーカ製品は当たり外れが非常に多い
ということで、価格感に見合うwindows製品は誤解を恐れずに言うと

よく潰れる
すぐ遅くなる

です。そう、私がandroidを離れた理由によく似ています。
とりわけ、直近まで使っていたdell製のnotebookについては1年も経たないうち起動ができなくなる始末。
ワクワクしながら頑張って高スペックのハードウェアを選んだのがなんとも虚しい、そんな結末です。

そ、費用対効果で言うと多分macの方が安いのよ!

macがいいかなと思った理由

かっこいいから

と思ったところは大きいです。
無駄を省いた機能美を感じさせる製品の仕上がりはよく、これは今思えば過去のapple製品にも同様のことはもちろん言えます。

音楽関連機能はmacが充実している。

androidスマホを持っている時にはiRigというツールにとても憧れたものです。androidossだし、すぐ追従するソフトウェアが出てくるはずだ!そう思いながらずっと心待ちにしていましたが、なんのことはない、びっくりするくらい出てこないんですね。
これから音楽関係にも使っていきたいなと思うわけです。

HW/SWの融合

iphoneを持って改めてそう思うわけなんですが、ハードとソフトを同時開発してしまっているappleだからこそという部分の強みはやはり感じることができて、windowsと決定的に違うことはやっぱり

落ちない。驚くべき安定感。

です。

じゃあmacの何にするの?

デスクトップはじっくり腰を据えてやるにはその利便性は並はずれたものじゃないんです。しかし、家庭用であればやっぱり気軽にどこにいてもっていう自由度が優先されるのでnotebookにしました。

問題は

pro か air

です。正直悩みましたね。かなり悩みました。店頭で1時間話を聞き続けるくらいの悩みようです。結構悩んでるでしょ?
身軽さ(当然価格も)を選択してairに軍配が上がりましたが、proの解像度はやっぱりいまでもきになるのが正直なところです。

MacBook Air 1400/11.6 MD711J/B

MacBook Air 1400/11.6 MD711J/B



もう少し待てばね。airの解像度もFHDまで上がるんでしょうけどね。今でしょ的な感じで我慢できませんでした。

使い心地など

キーボードがやっぱりwinの配列と細かいところで異なるので、ここは慣れが必要ですね。苦ではないんですが、会社ではwinなんで使い分けがね。ただ、android->iphoneに変えた時と同様の安定感を体感することはできます。変にアプリケーションを入れないからでしょうか。

あと、airはやっぱりとっても気軽で、今までのパソコン起動ほどの敷居がないですね。ipad触るのに近いくらいの気軽さでパソコンを触れる【近さ】みたいなものがいいですね。

正直、もっとwindowsから乗り換える不便さを感じるとは思っていて、ちょっと冒険気分で買ったんですけど、全然そんなことはなくて、UIも程よく熟成されていて、使い勝手が悪くないですね。
windowsを16年使い続けて初めていきなりmacに変えて、1日で慣れましたね。慣れがあるのでwin7まではもちろん使い方は慣れ親しんでますが、win8と比べるとmacの方が使い勝手の良さを感じます。

一長一短があって、きっとまたmacの人気が下がってくるときがくるんでしょうけどね。そうなったらそうなったで、今のmacよりも使い易い製品が出てくることを思うとそれも楽しみではあります。

そういや最近日本上陸してきたchrome book.少し気になりますね。激安を突っ走ってくれてるのでとっても敷居が低いですが、、、もう少し、先でしょうかね。

今後のmicrosoft、正直少し心配ではありますが、日本の国民性から見て、少なくとも企業からwindowsが消え去る日は恐ろしく先の話でしょうから、そう意味ではまだ安泰かもしれませんね。。。