AO.の音楽と楽器とたくさんの物欲。

神がかった物欲衝動と趣味のまま長年継続している音楽活動、音楽スタジオに関する気ままなブログ。音楽中心かもしれないし、突き動かす物欲衝動で様々なものをレビューとかしてみようと思います。

子連れママチャリを獲得するに至る

今日は全然スタジオと関係ない話なんですけど、まぁ聞いてくださいな。

あ、いや、ほんまに関係ないけど。


実はAO.、こう見えても一児の父親、現在35歳でございます。ドラムを始めた頃はこんな自分になることを誰が想像していたでしょうか。いやいや、自由奔放に楽器だの服だの私利私欲に走り倒すことしか考えてなかったよなぁ〜。(今もかなり考えてますけどね)

ってことで、私の物欲は

家族

へ向きつつあります。

息子が生まれて早一年と3ヶ月が経とうとしています。そしてもうすぐ桜の季節。彼も保育園という荒波社会へのデビューへ向かってまっしぐらです。そんな彼の輝かしいデビューを応援する為に我々親たちが必要とするものは、彼へのサポート、安全にその荒波社会へ到着しなければなりません。

ママチャリが必要

なのであります。

2016年モデル Panasonic【パナソニック】 Gyutto mini DX【ギュットミニDX】 幼児2人同乗対応電動自転車 20インチ +純正リヤチャイルドシート(NCD366AS) (パールクリアレッド)

そうそう、こういうやつね。

余談ですが、結婚前はロードバイクも嗜んでいた私、ロードバイクってのは8.X kgほどの片手で軽々持ち上がる軽量バイクなんです。直近ではそんな自転車しか乗ってなかったんで、ママチャリしかも電動なんて全くわかってなかったわけです。

これがあれば、親子とも安心して荒波社会に(保育園とか会社とか)いけるわけですね。

自転車屋さんに行く

いろいろ、自転車屋さんの店員さんの話を聞いたり、物色したりするわけなんですが、、、
華やかに列をなす様々な色とりどりの自転車からどれを選ぼうかワクワクしながら見て回るわけなんですが、、、

どれも一緒

な訳でございます。

え、どれもいっしょやん、つまらん。。。ってなりました。。。

大分すると幼児を搭載できる電動ママチャリは2つ

panasonic or yamaha

しかないんです。

しかないの?!

ってなります。

yamaha

ほっとんど一緒でしょ?
何が違うのか店員に根掘り葉掘り聞きましたよ。(営業トークも散々喋ってるみたいで饒舌でしたよ)

メーカー panasonic yamaha 備考
値段 高い 安い 10,000~15,000位の差
電池 長持ち 短命 充電回数がpanaは+300回くらいいけそう

ってくらいです。他はカラーとかデザインとかあと、ちょっと子供のシートベルトがしやすいとか。

これ、寿命次第だけど、

この差なら手が出るならpanasonicがお得

感があるなぁと。ってわけで購入。
ついでに子供が乗るので周辺機器もGETするわけです。

こんなんとかこんなんとかこんなんとかですね。

総勢。。。

15万超。。。

結構するんだね。これ。びっくり。
いやしかし、愛すべき子供の社会デビューの為には必要経費以外の何物でもない。
その分スティックやシンバルを折らないようにしよう。。ぶつぶつ。。

ってことで我が家にも電チャリがきました。
これ、ちなみに初めて乗ったんだけど。

すごいね!

もはや原チャ。露骨に強烈にアシストされて、もう全くと言っていいほど疲れない。
世のママたちはこんなものを闊歩していたのか。

若い高校生たちもすでに乗るようになって久しい電動自転車。
軟弱者乗り物と思っていましたが、、、
確かにそうなのかもしれませんが、、、

原チャやもん。便利やわ。

余談ですが、後ろカゴも装着した子連れ電チャリは収納力といいパワーといい全く問題なしです。ドラムの機材を抱えてスタジオに向かうのも原付よりもいいかもしれませんよ。12,800-のママチャリにツインペダルにスネアにシンバルにスティックにと、かごを抑えながら頑張っていた高校時代が懐かしい。。。


今日はちょっとlife styleなお話でした!