AO.の音楽と楽器とたくさんの物欲。

神がかった物欲衝動と趣味のまま長年継続している音楽活動、音楽スタジオに関する気ままなブログ。音楽中心かもしれないし、突き動かす物欲衝動で様々なものをレビューとかしてみようと思います。

格安コンプレッションウェア TESLA GEARS レビュー、インプレッション!

こちらの記事でも冒頭書いたように、引き続きスポーツにストイックに頑張ってるAO.です。
aostapp.hatenablog.com
(なんだこのアイキャッチ画像、、、)

引き続きジム+ランニングorサイクリングを続けてて、体重は80kgから67kgまで健康的に減量、uniqloが上下ともSサイズが着れる状態になってきております。

さらっと書きましたけど、

結構すごくない?!

9ヶ月くらいの成果ですが、リバウンドもしてないしこれはね、やっぱりすごいと思うんです。
スボンの裾を「切らずに」買えるなんて初めてでテンション上がります。

継続できている理由は

  • スポーツが苦じゃなくてむしろ「楽しい」状態を維持すること
  • 細かく目標設定して、大きな目標を意識しすぎないこと

の2点です。

今日はそんなスポーツ関係の話に触れていきます。

コンプレッションウェアとは

もう結構昔から存在するコンプレッションウェア、その名前を知っている人は大体内容も知っているし、スポーツをしている人であればご存知でしょう。
machodou.com

詳しくは上記のサイトを始め、いろいろググってください。

僕もロードバイクにハマりだした当初の5~6年前から使ったことがあるんですが

  • 疲労軽減
  • パフォーマンスアップ

の観点は非常に強くてスポーツ以外にも使えるんで是非オススメです。

スポーツ以外でオススメしたい利用シーン

僕はスポーツでしか使用していないんですが、家族や周辺の意見も含めて、下記のケースでのお悩みに抜群の効果を発揮する可能性があります。
下半身インナーウェアとしてはこれは本当にいいんですよ。

立ち仕事

家内は調剤薬局勤務の薬剤師ですが、これは実は長時間立ち仕事という地味に足腰にくる仕事の一種です。薬剤師さん以外も含めた立ち仕事対策として、コンプレッションタイツによる関節サポートと着圧は効果が抜群で特に、足のむくみ対策には絶大な効果がありそうです。家内はもうこれがないと仕事ができないそうです。

高齢者向け

スポーティな若者向け製品ですが、実は高齢者のこれも、足のむくみなどに効果を発揮します。むくみは進行すると痺れや違和感なども感じられてしまう症状ですが、私の母親は足の手術後、この症状が顕著に出るようになり、コンプレッションのカーフタイツを愛用しています。家内と同じく、やめられない状態です。

エコノミー症候群対策

これはコンプレッションウェアメーカーも提唱している利用方法ではありますが、足のむくみに効果があるこれは当然メリットがあります。海外旅行では必需品と言いたいですね。

是非、スポーツマンの方以外にも知っておいてほしいことでございます。

いろんなメーカーの試着感

冒頭記載しましたが、体重が10kg以上減量したんです。これはどういうことかというと

服のサイズが変わった

てことです。コンプレッションウェアは体に密着し、皮膚のごとくの肌触り、使用感で着圧を得るものですから、サイズが変わったらぶかぶか、とまではいいませんが、意味ないのです。
今回はSサイズのコンプレッションウェアを新調しようということで、僕が試着〜購入に至ったコンプレッションウェア群をご紹介します。

前提

AO.のスペック

  • height 161.2cm
  • weight 67.5kg
  • sex man
  • uniqlo S size
  • 36 years old
  • workout spec running @holiday,moning 8km 50min /1workout

と、小柄な割にはまだまだそれでも体重はある中年オヤジです。
ランニングペースは決して速くなくむしろ遅気味です。これがマイペースというやつです。

では早速いきます。すべてSサイズの評価です。

CW-X

特にランニングツールとしては不動の地位ともいうべきCW-Xです。

  • 着圧(着るとき):かなりきつい
  • 着後(きた後):少々きつい
  • 生地感:分厚い
  • 動きやすさ:少々動きにくい
  • ホールド感:高い
  • 価格:高い

ランナーは誰もが愛用すると言っても過言ではないCW-X。どれほどのものかと思いましたが、これはほんっとうにきつい。着るのに汗かくレベルでした。着ることで疲れる感じ。きた後はきっといいんだろうなぁ感は分厚い生地感、着圧、ホールド性でしたが、最初の一歩が出なくて、気軽にランニングしたいのにこれは足かせになるなと感じるレベルでした。

ただ、大多数のランナーが使用しているツールなので、Sサイズじゃないのかな?とも思ってMも着てみましたが、着るときの苦しさはあまり変わりませんでしたね。どちらもきつい。特にふくらはぎ前後まで。
体型の問題かもしれませんが、効果がそれ以上に得られるかどうかは不明です。決戦用として余剰があれば持っててもいいかもというレベル。

skins

僕の認識では、コンプレッションウェアを世に広めた第一人者はこのskinsという認識です。オーストラリアのメーカーで、(他ももちろんちゃんとやってるんでしょうけど)動的着圧技術というものがすごいらしいです。
おデブ時代にもサイクルインナー用、リカバリーウェア用を愛用していました。

  • 着圧(着るとき):すんなり
  • 着後(きた後):ぴったり、皮膚化する
  • 生地感:少々薄め
  • 動きやすさ:動きやすい
  • ホールド感:普通
  • 価格:少々高い

やっぱりskinsだなーって思いました。着るときの着やすさはこんなにも違うんだなということを実感。はかないんでわかんないんですが、ストッキング履くくらいの気軽さがあるんじゃないかと想像しています。そんなに簡単に履けるのに着た後のfit感は抜群で、本当に体に吸い付くという印象。その分、「着圧」感を感じることもあまりないです。ストレスフリーという表現が良いでしょうか。僕はやっぱりこれ好きですね。

tigora

アルペングループのプライベートブランドtigoraが発信するコンプレションウェアです。ランニングを始めた時、手軽に気軽に、という思いでランニングパンツ、タイツとコンプレッションの長袖シャツを持ってて、悪くなかった(費用対効果がよかった)ので試してみました。
試したみたのはtigoraのコンプレッションタイツの上位のやつ、トップボディというやつです。

  • 着圧(着るとき):かなりきつい
  • 着後(きた後):少々きつい
  • 生地感:普通
  • 動きやすさ:少々動きにくい
  • ホールド感:高い
  • 価格:安い

意外でした。印象としてはcw-xとほぼ同じな感じだったんで僕的には障壁が高いです。価格メリットはありますが、もちろん全体的な質感とか細部への配慮感はcw-xに軍配はあります。

tesla gears

amazonで買うことができる、超絶格安コンプレッションウェア、フィリピンのメーカーですね。アマゾンを見ている方はこれすごく気になってるか、安物買いの銭失いとみなして視野に入れていないかのどちらかでしょうw

  • 着圧(着るとき):すんなり
  • 着後(きた後):ぴったり 少々伸縮性がひくいか?(保温タイプだから?)
  • 生地感:薄い
  • 動きやすさ:少々動きにくい(伸縮性の観点で)
  • ホールド感:普通か少々低い
  • 価格:格安

結論から言うとこれ、買ってみたのでインプレできています。
まず、費用対効果でいうなら圧倒的ではあります。cw-x1本でtesla10本かえますからね。そら怪しいと思われて当然でしょうw。実際に購入してきてみましたが、着心地はskinsのそれに近いかそれより少々きついかな、という印象です。買ってすぐわかるような縫製の問題などもなさそうです。なので、skins好きの僕としては当たりです。

購入前まとめ

メーカー 着圧着る時 着圧着た後 生地感 動きやすさ ホールド 価格 備考
CW-X × × サポート系
skins コンプ系
tigora × サポート系
tesla コンプ系

こんな感じです。

お金があればskinsがやっぱりほしい
手軽に試すならteslaは間違いないんじゃね?

その他にも

  • ander armour
  • c3fit
  • 2xu
  • mizuno

などがありますが、これらも着てみたかったんですが、ちょっと安いのが欲しい前提の意識先行があり、試着してません。上記はそれなりの値段がしますがどれも良いと思います。
そしてそれ以上に上記を読んでもらったらわかると思うんですが

コンプレッションタイツの試着って超疲れる

わけです。

teslaのかってからインプ

買って着用直後も含めたインプは上記で書きましたので、ほぼないんですが、今朝5kmほどシェイクダウン的な感じで走ってみました。保温タイプのやつですね。

保温はめっちゃきもちい

起毛してて、あったかいけど、全然サラサラしてて、起毛感もうるさくない。すごいなあと思いました。上半身や頭部にはしっかり汗をかいて、夏の汗の書き方と変わらない感じ。しっかり体もあったまって気持ち良い。

保温タイプの伸縮性

ちょっとやっぱり伸びが悪い気がして、これは触った質感でもわかる感じ。これはでもteslaなのか保温なのかよくわかんない感じ。

ウエストのゴム

ちょっと効果はよくわかんないけど、アンダーアーマー的な、outdoorのボクサーブリーフ的な、この派手なゴムウウェスト感は見た目にも体感的にもあまり好きじゃないですね。コンプレッションタイツのウエストゴムって直接皮膚に当たるところ(オレ着方間違えてたら教えてください)がこれなのはちょっと嫌。でも安いから許す。

です。

teslaは買いだと思う。

skins好きな人は靴下買う感覚で1着どうぞって感じ。

コンプレッションウェアは消耗品

体に着圧をかけ続けるこのウェアはなんといってもやっぱり消耗品です。1年2年毎日着続けたとしたら、それはその効果も薄れることもあるでしょう。そう考えると、気軽にサクサク変えちゃいそうなteslaってのは非常に理にかなったインナーウェアだと思います。
オススメです。お財布に余裕があればskins買ってください。cw-xの着圧がたまらない人には少々不向きかと思います。

ドラムでも効果があるの?

これはまた近々試してみますね!