AO.の音楽と楽器とお仕事とたくさんの物欲。

神がかった物欲衝動と趣味のまま長年継続している音楽活動、音楽スタジオに関する気ままなブログ。と、ビジネス中心度読書感想文。音楽中心かもしれないし、突き動かす物欲衝動で様々なものをレビューとかしてみようと思います。

「いまどき部下を動かす39のしかけ」読了。自分に素直に教えていくw

「いまどき部下」を動かす39のしかけ―――その「任せ方」、もう通用しなくて当然です。

「いまどき部下」ってなんなんでしょうねw。私はもうすぐ40才になりますが、間違いなく今時の人枠からは外れて居てドキドキしますね。気持ちは全然社会人5〜6年目と変わらないんですが年がえぐいです。目の疲れがやばい。

んなはなしじゃないんですが。
私は現在ベンチャー企業でいわゆる部長相当の職務を担当しているんで。部下には課長相当、リーダー、メンバーといったような、構成担ってます。

愛する部下たちや、あるいは多部署マネージャーたちはこぞって育成に悩んでいるとか、うまくいかない課題を抱えてたりします。
私は持論としては

育てたろう!と思って育つもんかね、、、?

くらいに思っています。育てるんじゃなくて勝手に育つ土壌を作ることが大事だと思っています。

私の持論はまぁまた別の機会に書くとして、この辺りの領域の本がprime readingでタダ読みできたので少し記録しておきます。

タダ読みはあんまり頭に入らないからよくないと思ってるんですけどねー

概要

すでにバブルを終えて久しい日本です。その後若者たちはゆとりとかさとりとか色々な言われ方、扱われ方をされてきたんですが、そんな彼らと共に仕事をしていくために気にしたいことが39個も書かれています。

昨今のあるある育成本やコーチング本とはちょっと違うスタンスで

  • 任せる、考えさせる (だけで)は通用しない
  • 責任を負うが権利や賞賛を主張しない

人はゴロゴロといる。
我々中年や、若きマネージャーたちはまずそういう存在がいる、もはやマジョリティーにもなりつつある事実をまず知るということ。
そしてそんな彼らも、決して怠惰で傲慢なわけではなく、真面目で素直。

次世代を担っていく彼らとどう付き合い、育てるかということが色々書かれてます。

感想

これ系の本はですな、だいたいどれも似たり寄ったりの話が多くてですね。

  • メンバーの話をちゃんと聞いてあれ
  • 答えを言わず考えさせろ
  • 寄り添え

とかなんとかそいういう話がまぁほぼ9割ですよね。今の時代はそれがスタンダードなんじゃないかとも思います。私も正直そういうスタンスです。相手によりますがw

この本は結構そうじゃなかったです。

  • 答えをいっちゃえ
  • 細かく、具体的に、わかりやすく指示せよ

とかですね。

このワードだけ聞いたらちょっと驚きません?

少なくとも今の私の日常の仕事場の周りではこの反対なことがたくさんおきてるんですよね。おもしろい。

全般読んだら、共感できることかなりありました。

気づき

部下に言ってはいけないこと

1.やる気を出せ
2.頑張れ
3.それくらい、自分で考えろ

らしいです。特に3.は一瞬でボッキリいくらしいです。
なるほどなぁ。この本に出てくる人間性の人たちならそうなるよね。
本でうちの会社でもなんか分かる気がするわぁ。。。

ってなりました。

「いまどき部下」を動かす39のしかけ―――その「任せ方」、もう通用しなくて当然です。



いやぁ、良本でしたね。

読了 think clearly すごく流行ってるらしいんですが

Think clearly 最新の学術研究から導いた、よりよい人生を送るための思考法

すごく流行ってるらしいですね。この本、どの本屋でもしっかり置かれてます。

amazon評価でも結構高めなんですけどね。

結論私にはあまり会いませんでしたね汗

ポイントは2つで

目新しさがあまりない
著者の固執が少しあり柔軟じゃない

という印象だったので。
結論最後まで読めませんでしたね。。。

5年後また手に取ってみようか。。。

iphone XR。SEからの進化実感と多彩なケース選択

先日iphone SEからXRに切り替えました。iphoneの価格は年を追うごとにその価格帯は上がり、機種変需要が徐々に高まりつつも、切り替えて今円でした。

そもそもiphone SE

jobsがこの世に残してくれた最後の形。時代とともに大型化してきてそろそろ古さも感じる昨今ですが、凝縮した形、デザイン、機能。妥協なき作りこみはやはりほれぼれとするものがありました。

ただやっぱりスマホは最も日常的に使うある意味消費財。アプリケーションの高機能化に伴い、ソフトウェア面での動作やバッテリーもそろそろ限界に来ていました。
jobsは今のiphoneは好きじゃないでしょうが、今のiphoneSE上でのソフトウェアの動作も同じように好きじゃないでしょうね。

まぁべつにjobsに好かれるかどうかはどうでもよいんですが、要は動きがもっさりしてきたので変えてみました。で、XR

www.apple.com

サイズのでかさは8 plus や XSMaxに匹敵するサイズ間で、ケースをつけなくてもでかい!マジででかいですね。少し慣れるのに時間がかかりそうです。

まぁでもXR自体は各所レビューされているのでググったり動画見たりしてくださいw。

どうせ買うなら次期モデルを待とうかとも悩みましたが、世の中に浸透しきってきたXRを今買うメリットは。

周辺機器(スマホケース)が多彩

であることにつきます。
ここではあえてケースの話。

皆さんケースってどう選んでます?機能性?デザイン?価格?

iFace First Class Standard iPhone XR ケース [ホワイト]

iFace First Class Standard iPhone XR ケース [ホワイト]

きっと欲しいケースが探せるのではと思い。

でもほしいケースってなんやねん。



多すぎて混乱するなぁ。

  • 世の中みんなiphone
  • 僕はよく机にiphoneを置く。
  • そしてよく忘れる

これらを考えると

  • これがAOのiphoneだよとすぐわかるケースがいいだろう

そのほか

  • XRはすでにでかいのに、さらにごてごてのケースはポッケが爆発する
  • 40歳のおっさんが持ってても特筆変じゃない程度の感じがいい。
  • 私は派手好き

これらから、

  • ケース型(<>手帳型)
  • モノトーンのシンプルなケースではないほうがいい

とか考えました。

ちょっと奮発していいケース探そうかなとも思ったりしましたが

やっぱり手帳型だったり、女性的だったり
なにより
なんかちょっとやんちゃな感じがしてなんというか

持ってて緊張する

のも嫌だったんですね。

ってことで最終こちらの2択

ipod型はディテール的にも面白いなと思ったんですが、ちょっとやっぱ飽きちゃうんじゃないかなというのとお値段を比較して最終的には前者に落ち着きました。


https://cdn.beams.co.jp/img/goods/33750443234/O/33750443234_C_4.jpg

 beamsさんのHPより

このデザインは私個人的にはとても印象的で、
2010,11年ごろ、日本に初めてiphoneが来たときにいち早く手に入れた友人が利用していたケースのデザインです。

なかなかあるようでない、女性的なデザインですが男性が持っていても嫌みがない気がして。
(まだ実物つけてないんでわかんないけど)
(今ケースしてないんでひやひやしながらスマホ見てます)

p.s. そういや昔にもiphoneの話かいとるな。
aostapp.hatenablog.com

読了「THE TEAM 5つの法則」コミュニケーションは人に寄り添い、チームは結果を目指して

THE TEAM 5つの法則 (NewsPicks Book)

スタジオ運営の傍、ITエンジニアを過ごしてはや18年。前回の読了書籍もそうですが
aostapp.hatenablog.com
最近は人事に興味津々です。
キーワードとしてはエンジニアと人事で、流行りのジンジニアと呼ばれるやつかなぁと思っていましたが、最近はジンジニアというよりも

HRBP

human resource business partner

こちらですね。これがいい。かっこいいし。事業への責任もあるし。脇役にならなくて良い感じが最高です。

この記事を読んでそう思いましたね。
seleck.cc

人と働き続ける以上、マネジメントだったりHRBPだったり、人と関わりながら、共に成長、革新を続けていきたいなぁと改めて思うわけです。

そんな観点から、今回はこの本です。
元々はHRBPの本ないかなぁ〜とか探してたんですが、


全然ない

驚くほどなくて困り果ててました。
でも結局このthe teamのような

結果を出す考え方やしくみ
人が結果を出す、つまり人の価値の最大化

などという考え方は、チームにも個人にも、マネジメントにも人事にも必要な考え方だと思い、最近流行ってそうなこの書籍を手に取りましたw

概要

この書籍は

チームを科学する

ということを念頭に記されています。昨今の人事やマネジメントは過剰なパワハラ反応の対策や、褒めて伸ばす、多様性を大事にする、ビジョナリーにマネジメントする、など一見どれも大切な考え方ではあるのですが、逆に

そんな通り一辺倒ではないよ

ということを高らかに指摘します。

チームミッションやその市場環境においては必ずしもそうではない。
環境変化の多いチームにはこういう考え方
密なチームワークが必要なチームにはこういう考え方

など、チームのケースに応じたチーミング理論が展開されます。

後半はそのケースに応じた理論に合わせていくためのコミュニケーションスキルセットと言いますかそういったものが展開されます。
ここはやはりある程度聞いたことのある考え方というかそういったものが多かった気がします。

感想

前半戦
通り一辺倒な、誰もがよしとするような、

今の時代はこうなんだぜ

的なオツムの悪い一般常識に警笛を鳴らします。

私はとてもその部分に共感しましたねぇw

後半戦
こちらは心理的安全性の確保云々など割とありがちといえばありがちな話が展開はされるわけです。
でも、信仰的な考えというよりかは、パターン別に分類分析された考察などは少し真新しく読み込むこともできました。

きづき

色々な気づきがありました。

OKRとは

これ、どこかでちゃんと学ばなければいけないなあと思ってたわけです。当社は MBO型での成果評価を採用しているんですが、最近はOKROKRとたくさん書籍も出ていて。しかし今風なんだろうなというだけで何かよくわかって居ませんでした。

本気でゴールを達成したい人とチームのための  OKR

本気でゴールを達成したい人とチームのための OKR

OKR(オーケーアール) シリコンバレー式で大胆な目標を達成する方法

OKR(オーケーアール) シリコンバレー式で大胆な目標を達成する方法

最短最速で目標を達成するOKRマネジメント入門

最短最速で目標を達成するOKRマネジメント入門

成長企業は、なぜOKRを使うのか?

成長企業は、なぜOKRを使うのか?

  • 作者: ピョートル・フェリクス・グジバチ,プロノイア・グループ
  • 出版社/メーカー: ソシム
  • 発売日: 2019/07/01
  • メディア: 単行本
  • この商品を含むブログを見る

オーケーアール?オカー?ん?みたいな。
しかし等書籍は非常に完結に書いてくれて居て、かつMBO型との違いをはっきり記して居てくれて完結でした。本当にこの理解で良いのかな?というくらいに。

MBO

成果目標 実績
新規売上100万 実績売上95万

OKR

目的 成果目標 実績
新規商材の垂直立上 新規売上100万 実績売上95万
+新規商材の大手との定期共催セミナー枠確保

まぁこういう理解をしました。
要は数字だけでない価値を、目的に照らし合わせて評価しようということなのだと思います。


と、こう理解すると、結局完全成果みたいな MBOという形を当社はとりつつも、実はOKR的なことを私はやってきたかなぁという印象でもあります。
ぶっちゃけ、MBO と OKR と明示的にいいわけないといけないほどたいそうなことですか?というレベルです。

本当にこの理解で良いのかな。。。少し不安ではありますが。

ルールの存在意義

頭では自覚して居ましたが、改めて明文化していただいてそうだねとなったことです。

ルールとはなぜ存在するのか。
それは

コミュニケーション量を減らすため。

みんなが当然の価値として認識するべきものをルールとすることで、不要なコミュニケーションコストを下げましょうということです。ルールがなければ全て口伝で伝えるこれも大変なことです。

ただ、この目的を喪失しながらルール整備第一主義で進めていくといわゆるルール過剰状態に陥ります。
こうなると、またコミュニケーションコストが上がると筆者は唱えます。臨機応変に検討すべき部分まで全てルール化してしまうことでそのコミュニケーションコストは増えるということです。

合わせて、私の実感とすれば、
ルールは一定を超えると、飛躍的に思考のレベルが下がり、ルールベースでしか物事が判断できなくなる状況に陥りかねないです。

モチベーショングラフ

www.google.com

これですこれ。
特に人材採用の観点(チームへの参画を含む)においてこれは非常に面白いなと思いました。

新卒や中途採用の面接などもよく行うんですが、聞くことや、知りたいことは

何に喜びを感じる人なのか
などといった部分があります(それ以外にもたくさんありますが)

こういったことを直接本人に聞いても、事実ベースの答えを得ることは難しい。
モチベーショングラフを書いてもらい、その時に起こったことなどの過去の実績をかしかして説明してもらうことで、何が起きたらどう思う人なのかわかるといった話でした。

ぜひ、私は今後全ての面接でやって居たいなと思うわけです。

モチベーションタイプ

人にはいくつかの種類があることを示されて居ます。
同じ褒め言葉でも、
すごいね
ありがとう
正しいね
面白いね
のどれかに最高にテンションが高まる、その他の言葉はそうでもない、という人がいるということです。
ドラクエでいけば

戦士
僧侶
賢者
アーティスト(?)
といったところでしょうかw。
相手の特性に合わせたコミュニケーションということで言えば、このあたりの配慮ができてくるとことはスムーズに運ぶ気がしますね。

おわりに

と、人と接したい意欲が高い現在の私としては非常に気づきも多い書籍でした。引き続き、人関係の書籍をじっくり読んでいこうかと思います。

THE TEAM 5つの法則 (NewsPicks Book)

THE TEAM 5つの法則 (NewsPicks Book)

読了「パーパス・マネジメント」成果の原動力は幸せ。働くみんなに幸あれ。


パーパス・マネジメント

本も継続的に読んでるんですがだんだんこの読書感想文を書くのが疲れてきています。でもきっと書かないと後々記憶の片隅からも追い出されそうな気がしてて書きます。

出向先企業の経営から自社に戻り約半年。優秀な課長陣に支えられた部長業は楽というと怒られますが、やりがいも感じながら広い視野を持ち仕事に取り組めています。プレイングマネージャーの領域から、マネジメント専業に代わってきた今の私として、当然成果にコミットすることはもちろんですが、目を向けるところは

なのだと改めて思います。
自分もただ一人の凡「人」でありながら、人を知り、人を育てる等はまさに神の所業だと昨今改めて感じます。同時に、人として生を受けたからには、人を育て、「人を育てられる人」を作ることこそが生きる意義だとも感じるわけです。
哲学的な話が長引いて大変恐縮ですが、それほど現在私は人にフォーカスした考えになっています。
本書は現在の企業が人を育み、成果を出していく今風の考え方に、指導的な要素ではなく、各人のポテンシャルを「幸せ」により引き出すことを目指す指南書となります。

概要

現代社会、企業にCHO(Chief Happiness Officer)の普及を目指す著者の書籍となります。働き方改革が叫ばれる現在、形骸的なルール改革が先行し、本質を伴わず、ともあればブラック企業化してしまうこの状況を問題視しています。人々が幸せに働き、価値を発揮していくことを本書は目指します。企業の目的(purpose)と個人の目的(porpose)を可視化させ、一致させ、自らの存在意義の理解し、ここの推進力を高めることにフォーカスします。

幸福感が高い状態であることが、出せる成果や業務のパフォーマンスが高いことが各種調査研究により明らかになっていることを裏付け、本書はそこにフォーカスしていきます。

感想

40歳に差し掛かる私、会社の平均年齢は32歳、部下には22歳の人材まで存在します。すでに私自身が感じている何十倍もジェネレーションギャップというものは発生している現在、ITバブル期にやみくもに取り組み成長してきた自分と同じことを強要することでは、皆の幸せも、存在意義も明確にすることはできません。改めて感じさせられます。

幸せ

ここにフォーカスするという考え方はとても共感度が高い内容でした。

ところで、幸せという言葉で言うと真っ先に思い浮かんだのがブータンです。
www.wbf.co.jp
経済的な立ち位置などは日本とは少々異なる状況であるブータンで、圧倒的な幸福度がたたき出されています。
さらに余談ですが、ベトナムにオフショア経験がありたまに渡航することがあります。ベトナムはまさに大成長の真っただ中にあり、人も街も活気にあふれかえっています。活気や野心というのも一つの幸せの形なのかもしれません。日本も高度経済成長期はこのように、明るい未来に向かって邁進していたそのころには、違う形の「幸せ」があふれかえっていたのだろうとも感じます。

経済が飽和し厳しい現実が待ち受けている現代の日本は、欧米というよりも「欧州」化し、質の高い、価値実感の高い暮らしが求められる気もします。富や名声よりも自己実現です。

いけない、少々話がそれました。
本書は「幸せ」を捻出することで企業の成果を最大化することを狙います。これを捻出するために、仕事における幸せ要素として4点が掲げられています。

  • Purpose(パーパス = 存在意義)
  • Authenticity(オーセンティシティ = 自分らしさ)
  • Relationship(リレーションシップ = 関係性)
  • Wellness(ウェルネス = 心身の健康)

この4点に関する言及はとても分かりやすく共感できました。

詳細は読んでいただければよいですが総論、幸せと成果を紐づけるこの概念こそ、+のスパイラルを生み出すwinwinの形の基盤となると実感させられます。

おまけ

もともとはpurposeを知るために本書をとりましたが、部下や同僚の悩み、将来の相談を多分に聞く立場となった現在、社員幸福度を高める取り組みに全力で取り組んでいきたいと思いました。
エンジニアとしてのキャリアは何となく捨てたくないんですが、人事に転向してもいいかなぁ。ジンジニアかなぁ~。

パーパス・マネジメント――社員の幸せを大切にする経営

パーパス・マネジメント――社員の幸せを大切にする経営

社員幸福度 Employee Happiness 社員を幸せにしたら10年連続黒字になりました

社員幸福度 Employee Happiness 社員を幸せにしたら10年連続黒字になりました

本気で社員を幸せにする会社 「あたらしい働き方」12のお手本

本気で社員を幸せにする会社 「あたらしい働き方」12のお手本

社員を幸福にする力

社員を幸福にする力